読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八木沢に居る僧侶です。徒然なるままに(*^_^*)

40過ぎて秋田を離れ独り京都大阪へ。僧侶となり、八木沢へAターンした男のつぶやき。

八木沢で生活している僧侶としてあらためて考えること

 
 

 

 

 

立場上、いろいろ注意しながら、

行動しなければなりません。

そうなんです。大事なことなんです。

 

 

f:id:monkcooperating:20170203052648j:plain

 

 

 

f:id:monkcooperating:20170203043523p:plain

 

 ここ数日、積雪も多くなり、ほぼ一日除雪という生活です。

それも仕事として「協力」するのが仕事ですから

何も問題ないことです。

「されど雪寄せ 

 なれど雪寄せ 

 んだども雪寄せ」

そんな感じでしょうか?(意味不明ですね(笑))

 

私が居住している場所、おもに担当している場所、範囲広いです。

トラクター使ってでも全体除雪するのに積雪多い日は三時間以上かかります。

ゆえに、次の作業、詳しくは述べられませんが諸事情で段取り上、

朝五時半

除雪開始となります。

三時間後、メドがついて

朝八時半

道路除雪のため、他の方がトラクター使用します。

私は、除雪、屋根の雪下ろしなどの手伝いを

するために八木沢集落巡回します。

 

いまは、ダイエット中なので

ランチタイムはアバウトでいいし

とったとしても

ホット豆乳とお湯割り青汁各300ml

なので

影響ありません。

 

モーニングタイムも

炭酸水500一本、野菜ジュース300ml

なんで簡単です。

 

 

ディナータイムは普通?かな食べます。

  • ごはん(お粥かな? 1食2合の米を4合用の水で炊き、4等分したもの)
  • 魚か肉
  • 野菜

最近は、体重減少も少なくなり、落ち着いています。

 

 

この食生活に、異論、御批判などあるかもしれません。

でも、過大なストレスとなるので、やめてください。

このブログ自体、いろいろ賛否あるようですがwww。

同様です。

 

 

これがいいかな?と、ダイエットは、今は やっていることなので。

 

大阪府茨木時代、協力者とともに楽しみながら、

痩せた方法です。

 

今は孤独に黙々と遂行していますが・・・・。

体重は減りますが、ストレス貯まる原因の一つでもあるでしょう。

 

ここへきて、特に昨年度の冬期間で、かなり太ったんだと思います。

なぜなら、

動く以上に食べた

からです。

 

それを今年は抑えています。

こんな除雪主体の毎日、こんなんでは疲れます。

 

頭もおかしくなるでしょう。

実際、そう言う感じに思われている・・・・・かもしれません。

そこは内容、濁します。

 

除雪の手伝いも、体一つ、すべて計画的にすることもできません。

雪は皆に一気に降り注ぐのですから。

 

出来る限りです。

 

でも、ボランティア、便利屋のように

奉仕、商売ばかりになると

協力がおろそかになります。

 

すべて協力し、最後に、残業でもなんでもして

過酷に作業すればいいのでしょうが

そんな下支えしてくれる気力も精神力も家族もいません。

「無理するな」

とやさしく言われているので、ここで

最後に「自分」の作業を残すと、

 

甘えて仕事も雪も貯まり

結局、とり返しつかなくなります。

集落の人は、それぞれの除雪で手いっぱい・・・・・。

 

私にも支援してくれた友人がいます。

わざわざ仙北市角館から来てくれました。

八木沢に三回も。

有り難いことです。

仏様のような人です。

 

戻りますが、

ゆえに、先に私の集落から任されていること

八木沢への支援となる除雪を先に仕上げます。

 

私へ協力してくれるもの、かたち、明確なもの、なにもありません。

 これるもの、こられるものなら手伝いたいという方々はいらっしゃるかもですが、難しいですよね。私も、「そう言う立場」だったら、自分の生活もあるし、なかなか、できるものではありません。

まあ仕方ないんでしょうがwww

 

屋根から落ちた雪も大変です。

何度目かの窓越え状態になりつつあります。

これは、土日祝日 予定ない限り(予定なんて常に皆無ですがw)

休日出勤

か、残業、支援の空いた時間に行います。

 

今は、そんな毎日を、八木沢集落の皆さまから

支えられながら過ごしています。

 

京都の大谷専修学院で

教えの中から頂いた言葉があります。

「えらばず きらわず みすてず」

故 竹中智秀 先生のおことばです。

阿弥陀様の、念仏の、本願の真髄の言葉だと思っています。

f:id:monkcooperating:20170203053002j:plain

これにふさわしくないから

僧侶としてどうか?

私が、そういう判断されたとしたら

そういうあなたはどうなんですか?

僧侶でないからと、えらんで きらって みすてるのですか?

 

教えとは、僧侶に限らす、人として

いかに自分を見つめることができるか?

 

だと、思ってはいます。

 

でも、人間、そう簡単にはいきません。

でなきゃ、こんなブログ必要ありませんから(笑)(笑)

 

でも、そんな自分を見つめるために

わずかでも見てくれている人がいるという想いと

心配してくれている人が現実いたという

そんな出逢いをいただきながら

今を過ごすだけです。

 

さあ、除雪開始です。

 

徒然なるままに。