読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八木沢に居る僧侶です。徒然なるままに(*^_^*)

40過ぎて秋田を離れ独り京都大阪へ。僧侶となり、八木沢へAターンした男のつぶやき。

人の振り見て我が振り直せ・・・・・・ということは・・・・?

人の振り見て我が振り直せ

故事百選

以下 引用です。

「人の生き方のなかには、自分に厳しい人と他人に厳しくて自分には甘い判断をしている人の2つに分かれるようです。
 夫婦でも、また仲間同士でも、その関係を見ていると、この2種類のパターンが見られます。
 うまくいっている夫婦関係は、相互に助け合うことはもちろんですが、それ以外に、「相方の欠点をとがめ合うことをしない」ということがあります。

 もともと人間は、自分の性格を直したり悪いくせを矯正することは難しいものです。忠告をすなおに聞き入れることも、なかなかスンナリとはいかないようです。
 夫婦の共同生活のなかで、嫌なことが鼻について気になりだしたからといって、相互に指摘し合っていたのではうまくいかなくなるのは当然でしょう。許し合って、自分を変えていくことによって、もつれた夫婦関係が改善されるのはよく見られるケースです。
 このことは、全社生活の同僚との関係でも、また上司と部下との間柄についても全く同じことが言えると思います。」

 

目と耳が痛くなりますwww

心にグサリと・・・・思い当たるフシが・・・・・・・。

 

前にブログで書きましたが

monkcooperating.hatenablog.com

こじつけかもしれませんが、やや、つながる部分ありますかね?

 

現在、私は支援するような感じの仕事をしております。

ゆえに、人助けというか、御手伝いというか。

 

そこで感じたのが

偽善者

という ことばです。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

SNSでこの投稿をしたときに頂いたコメントから引用します。

やらない善よりやる偽善っていう言葉をよく思い浮かべます。」

「当人を可哀想な人と思って
 心で見下げながら手を貸した方が良いだろう…と、周りの空気を読みながら『言ってくれたら手を貸してあげ

 るよ』と、上から話すのは偽善なのかな↑??と。

 ホントの善意は、本人が困ってそうなときに、今何が必要かを考えて頼まれなくても適材適所に知恵を貸してく

 れたり行動を起こせる人。だと思いました。」

 

そうなんですよね。

でも、手を貸された方は、なににしてでも助かることです。

 

偽善は「している行為」に満足すること・・・自慢?というかんじなのでしょうか?

まあ、潜めていて行いをしても

そう言う想いは、にじみ出てしまい、

周りの人に、感じられるものです。

 

ことばや、表情、その後の行動に現れますから・・・・。

 

でも繰り返しますが、

手を差し伸べられた方は助かるんです。

ありがたいんです。

 

それを仕事にするのが「便利屋・なんでも屋」さんでしょうね。

 

それはそれで、いいと思います。

需要があるから供給なのですから。

 

ちょっと「偽悪者」というのも調べてみました。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

まあ・・・控えめ・・・消極的な自己中心者・・・みたいな捉え方なんでしょうかね?

甲乙つけがたいです。あっ・・・甲乙・・・不適切ですか?w

 

 

私は、周りから見たらどうなんでしょう・・・・・。

わかりません。

私は「声掛け」しかしません。

「なんかあったらいってけれな!」と。

 

最初は前任者を見習って

「なにかさせてください!」

「てつだわせてください!」

「これしますよ!あれしますよ!」

と、言ってましたが・・・・・・・・。

それはそれで、いいことかもしれません・・・・・。

でも違和感があって・・・・・・・

 

そこで「偽善者」ということばが、常に頭をよぎっていました。

決して実際の人物のことを指してはいませんが。

 

私は「ボランティア」でも「便利屋」でも

召使いでもありません。

 

支援する立場の者です。

 

そのラインは確立しようと・・・・・・

 

何でもかんでも「はいはい!いいよ!」だと

相手は安心しても、無責任な感じもしたので。

これは前の投稿でも言いましたが・・・・繰り返します。

 

支援することと、出しゃばることも違います。

 

でも「偽善者」も「でしゃばられる」ことも

された側は、助かることがあるんです。

 

なかなか難しいものです。

 

とにかく私は「声掛け」と「タイミング」を大事にしています。

「声掛け」は互いの疎通が大事です。

声掛けなく、作業されると、支援している側は

大事な用事があり、手伝えない時

ものすごく後ろ髪を引かれます・・・・

 

前髪は私、ハゲてありませんが、後ろ髪は伸ばすとすごいんです・・・・w

まあどうでもいいことですが・・・・・

 

そんなとき「偽善者」や「でしゃばる」ご縁

とてもありがたいです。

 

声掛けは一方的ではなく「互いのタイミング」なんです。

それを大事にしないと、つらくなるのは「己」なんです。

 

それがいいとか悪いとかは言いません。

 

そう言う流れの中でも、どういう「想い」を持つか?

大事なのはそこだけです。

 

ゆえに支援する立場からすれば

 

「こいつ!余計なことしやがって・・・何しに来たんだ?俺の仕事なのに!」

と思うことかもしれませんが

 

「いやあ~助かった。これで安心して、こっちの仕事ができる。ありがとう!」

 

と口では言わずとも(言えよ!と思われますよねw)

 

こころに思うだけで、流れが見えてきます。

 

前述の想いだと、目も耳も感覚も濁ります

 

ここは年配者がほとんどです。

 

でも、自分のことは自分で・・・という気持ちの人がほとんどです。

そこは優先してあげたいのです。

でも、どうしても・・・・というときは

「なんかあったらいってけれな!」

なんです。

たまたま作業中にでくわしたら

「なんも、

えんりょさねったっていいでぇ~(笑)」

 

と手伝います(笑)

 

ようやく、ポジションつかめてきました。

来年はもっと

限りはありますが

広域に活動できればいいなあと思っています。

今でも100%ではありませんが・・・・・(笑)

いつまでも65%・・・ぐらいでいたいものです。

いや・・・40%(レットゾーン){赤点}でしょうか?

 

松本ちえこ ♪恋人試験 by ☆クー☆ 音楽/動画 - ニコニコ動画

65点(%)のひとが~・・・・・って(笑)

 

f:id:monkcooperating:20170217062101p:plain

 

久々に今日は8時半からの始業ができそうです。

しばらく5時半とか6時半からだったので・・・・・・・・・・

自然に感謝、御縁に感謝、支援に感謝ですね。

 

徒然なるままに。

 

ふと、思い出したオハコw

♪何より大切なものを 気付かせてくれたね♪

 

www.dailymotion.com