読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八木沢に居る僧侶です。徒然なるままに(*^_^*)

40過ぎて秋田を離れ独り京都大阪へ。僧侶となり、八木沢へAターンした男のつぶやき。

一富士二鷹三茄子・・富士・・鷹・・茄子・・キーワードとして

なんか、シリーズ化していますがwww

なんか ふと想ったことそのままにが

徒然なるままに・・・なので・・・・。

ハウンドドックの連続投稿もです・・・・w

 

最初に頭に浮かんだのが

実は・・・・・・

能ある鷹は爪を隠す

でした。

あれ脳?能?

などと思ったりもして。

 

そこで

大阪(府)人と秋田県人を比較というわけでもないですが

イメージしてみました。

 

大阪人は気持ちを隠しません

思った事、ガンガンしゃべりまくります。

怒り爆発してもその瞬間のあとは、何もなかったかのように

あとに引きません。

はじめて目の当たりにしたとき

生粋の秋田県人である私は驚きました。

能ある大阪人はやはりしゃべりまくります。

でも、関係ないこと、関連ない自慢など語りつつも

その場で必要な事項をまとめたり、進行へとつなげる

完成に導く、というようなイメージがあります。

あくまで自分の想像ですが。

 

秋田県人は、奥ゆかしい、ひかえめ、でしゃばらないが

美学というかなんというか。寡黙で、大阪人のように自己主張

せず、遠慮がちな雰囲気あると思います。まあ、みんながみんな

そうではないですが、私はそのまま、この秋田県人です・・・ですよね?(笑)

腹立てても、我慢し・・・・しばらく引きます。結構、陰でブツブツいいます。

はい!私もです(笑)(笑)

 

ブツブツも言うし、

大阪で

「言いたいことは言う、

失礼なら「あっ、すんません」とあやまる」

と覚えてきた私は・・・・まずいでしょうか?(笑)

 

あっ戻りますが

 

能ある秋田県人は、語らず、黙々と進行の妨げにならぬよう、完成へと導いていきます。そんなイメージです。

 

そこから、ふと出てきたのが

kotowaza-allguide.com

初夢、縁起ものの言葉ですよね。

引用です。

駿河の国で高いものを並べたという説、「富士」が「不死」に通じるので不老長寿を意味し、鷹は「高、貴」と通じるので出世を意味し、茄子は実がよくなるので子孫繁栄を意味するという説もある。
初夢は元旦の夜あるいは二日の夜に見る夢で、昔は節分の夜から立春の朝にかけて見る夢とされていた。

 

ただ、

私は浄土真宗 真宗大谷派の僧侶です。

 

引用です。

 

歎異抄』第七条

 念仏者は無碍の一道なり。そのいはれいかんとならば、信心の行者には天神・地祇も敬伏し、魔界・外道も障碍することなし。

 (阿弥陀仏の本願を信じて念仏する人は、何ものにも碍えられることなく、生と死を超える唯一の大道を往くものです。
 なぜならば、阿弥陀仏のみ名を称えつつ生きる信心の行者に対して、天地の善神たちは尊敬し、信伏していきます。人の心を乱し、さとりのさまたげをなすという悪魔も、仏教以外の宗教も、念仏者の歩みをさまたげ、まどわすことはできません。(梯実円訳))

浄土真宗の世間の迷信や俗習にまどわされない宗風は、ずっと以前から、門徒もの知らず」という言葉で知られていました。つまり真宗門徒は大安・仏滅といった日柄の善し悪しや方角、家相、その他もろもろの世間の「常識」をよく知らないのだと、真宗門徒を嘲笑する言葉として使われていたのが「門徒もの知らず(真宗門徒はものを知らない)」という言葉だったのです。しかし真宗門徒の側からすれば、「門徒もの知らず」の言葉は、そういった迷信や俗習にまどわされたり不安になる必要のない真宗の安心のあり方を示すものとして、むしろほこりとすべきものと受け取られていたのではないでしょうか。

「門徒もの知らず」ということ

 

つねに、こういう想いで過ごしています。

ならば、ことわざもどうなの?・・・・・ですが(笑)

まあ、それは「想い」を表現する

手段の一つとして・・・・です。

言い訳ですかね?w

 

ゆえに「神事」には

あまり正直、関わりたくないのです。

 

でも・・・・集落の神には

逆らいたくないのでwww

でも柏手はたたきませんよ(*^_^*)

 

 

かなり脱線しましたが・・・・ん?死語でしょうか?

 

そこから

富士 鷹 茄子のことわざってなにがあるのだろう???

と想い検索しました。

 

富士の山を蟻がせせる(ふじのやまをありがせせる)

kotowaza.nikiran.info

能ある鷹は爪を隠す

kotowaza-allguide.com

瓜の蔓に茄子はならぬ 鳶が鷹を生む

kotowaza-allguide.com

富士の・・・・・・

ですが、

「力の差があまりにもありすぎて、てんで問題にならないことのたとえ
びくともしないことのたとえ
蟻が、富士山をいくら動かそうとしても、とうてい無理であることから」・・・引用

 

最近、身近で感じたことです。気のせいか・・・そういう魂胆が見え隠れしたので・・・・。まあ、自分のことでないのでこれ以上は控えます。

 

たとえ力の差、立場の差があろうとも、意見、提案は必要です。でも、それにこだわるのもいけないかと思っています。力のあるものに巻かれる気はないですが、まあその力が、居心地というか、良かったらそのまま、嫌になったら離れて、「関わり」に、もう近付かない様にした方がいいかと思います。本人良くても、余計な関わりは周りにとって、不快になりますから。

ゆえに、私は過去に離れた職場には一切かかわっていません。

寺も、ここへきてから「新しい御縁」として関わっていますから。

血縁としての親、「場所」としての故郷などはまた別ですけどねw

 

野望も欲も今はないので。

時間の経過と、それによりやってくるものを受け止めるだけです。

希望はありますが(笑)

 

あくまで個人の考えですからね、それぞれの・・・・・。

 

まあ「動かす」ときは、「人を動かす」か「〇長」になることでしょうね?

 

能ある・・・・・・

 

これは、先にも述べましたが

 

ひけらかさない

目的をごまかさない

 

のが大事かと思います。

たとえば私の立場で

「人の役に立つ」ということを

それは「自分のため」なのか?

「人のため」なのか?

それが、伝わってくるのです。

誰かが同様に、役立つことをしたとしても

八木沢で研ぎ澄まされたせいか

「空気」でわかるんです。

悟ったわけでもなんでもない、ボンクラですが(笑)

僧侶という立場も関連するかもしれません。

 

まあ、隠せてないんでしょうねwそういうのは。

「下心」まさしくですねw

私も、いっぱいあります・・・・あっ・・・ヤバイですねwww

ボンクラですから・・・・。

 

瓜の・・・・・

は、「鳶が鷹を生む」とおなじようなことわざですね。

「原因のないところに結果は生じない」

まさしくその通り。

過去の無いところに今も未来もないんです。

未来に必要だから、今も過去もあるんです。

ただ、未来がわからないから

勝手に計画とか、老後とか、生活設計とか

不安だからたてるし、御金も貯めるのです。

 

そこは、私は全くありません。

今死んでも、明日死んでも悔いはないようにしています。

でも・・・・・希望はあります(笑)

 

まあ、人間ですからね。

 

関連してるかな?と思うものです。

 

f:id:monkcooperating:20170223044638p:plain

f:id:monkcooperating:20170223044739p:plain

f:id:monkcooperating:20170223044530p:plain

今日は何度目かの免許更新。

まだ一度もゴールドになったことがない私です。

先のことが見えないんですから

いずれ、いつかはゴールドに・・・・・。

まあ、なろうと、なるまいと

「免許」は「免許」なだけです。

 

徒然なるままに。

 

朝ですが・・・

 

くたびれた魂

素直な気持ち届かない

気まぐれな俺だから

 

ん?誰に届ける? だれが受け取る?(笑)

 

www.youtube.com