読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八木沢に居る僧侶です。徒然なるままに(*^_^*)

40過ぎて秋田を離れ独り京都大阪へ。僧侶となり、八木沢へAターンした男のつぶやき。

今は通り過ぎて過去になる。未来はやってきて今となる。自分が向かうのでない!時の流れとともに、やってくるのだ(*^_^*)

最近、特に思うようになりました。

「未来」って、待つもの、向かうものではなく

やってくるものなんだな?と。

 

それが、やってくるための下準備を

本人意識なく「今」で行い

 

それが過ぎ去って「過去」になる。

 

そう感じた小さな出来事です。

 

24日金曜日

手持ち道具にスパナが無かったので、村の商店で

購入しようと立ち寄りました。

そこで目についたのが

「平型スノーダンプ

f:id:monkcooperating:20170226015445p:plain

イメージだとアルミかスチール製だと思っていたのですが

そこにはプラスチック製のものが置いてありました。

 

シーズンも終わりだしどうしようか?・・・・

と迷いましたが

なんとなく購入しなきゃいけないような思いにかられ

購入致しました。

f:id:monkcooperating:20170226015714j:plain

これが次の日、ものすごく役に立つなんて考えもせずに。

 

翌日、屋根の落雪くずしを実行致しました。

久々の晴天です。

f:id:monkcooperating:20170226015905j:plain

すいません・・・・ピンボケですが。

こっちなら?w

f:id:monkcooperating:20170226020016j:plain

綺麗に除雪されてますね!

うまいもんですね・・・・・と褒めてやってくださいwww

 

さて、現場です。

f:id:monkcooperating:20170226020210j:plain

ご覧の通りの壁です。

お金は貯まりませんが、雪はどんどん貯まるもんですね。

お金は流通のために消え

雪は水となり流れる

どちらも大切なものですね。

 

ロータリー除雪機で通路と雪捨て場所を確保し

ハシゴで上に上がり、開始です。

 

これだけ貯めなければ、下からロータリー除雪機で削り、崩しながら

飛ばせるのですが・・・・3メートルほどのこんな壁になるとさすがに・・・・・

 

除雪機が修理入院したとき、ありがたいことに

がんがん降ってくれた雪のおかげで・・・・・・・・・。

 

上の雪自体はサクサクで扱いやすいもんでした。

ここで前日購入した平型スノーダンプが大活躍です。

軽く、扱いやすく、スコップで崩した雪塊をのせて

すべらせ落下させる。

 

順調に作業終了。

 

f:id:monkcooperating:20170226020847j:plain

f:id:monkcooperating:20170226020909j:plain

壁との隙間です。落ちたらマズそうな雰囲気でした。

f:id:monkcooperating:20170226021038j:plain

公民館廊下に久々に光が射しこみましたw。

 

最近あまりにも色々な出来事があるので感じていたことなんですが

 

今は通り過ぎて過去になる。未来はやってきて今となる。自分が向かうのでない!時の流れとともに、やってくるのだ(*^_^*)

 

ちいさな出来事でしたが、この平型スノーダンプの件で強く感じました。

 

まるで阿弥陀様がこの作業のために出逢わせてくれたものでは?と。

 

 

あともう一つ。

この窓は西側なんですが、東側も作業しました。

こちらはトラクターで出来るのですが・・・・

f:id:monkcooperating:20170226021433j:plain

格闘のあとは埋めたのですが

トラクターが雪にはまり・・・動けなくなってしまいました。

以下「八木沢在住の僧侶です」からのコピペです。

 

「作業は、積もった雪を踏み固めながら
積み上がった雪を、
バケットアームで削り
薄くした雪壁の下部分にくさびを作り
雪の重みで前へ倒す・・・・・
という作業の途中ででした。

必死だったので画像は納められませんでしたが
左前、右後ろをガッツリ削ったので、やじろべえ状態になり
どうしようもない状態・・・・・
さあ、こまった・・・・・・・・
今こそ普段使わない頭を使う時www

1.少し高めの前の雪のやわらかい雪の上にべニアを敷き
2.その上にバケットアームを踏ん張らせる
3.前輪を浮かせ、穴へ堅めの雪をいれ踏み固める。
4.後輪の穴の後ろを削り、出やすくする。
5.ゆっくり前輪を下す。
6.踏ん張り回復。ゆっくりバック。
7.後輪脱出後、穴を埋め前輪はまるのを回避。
8.ゆっくりバック・・・・脱出成功!

東側に光が注ぎました。」

以上。

 

この脱出の技術も、通り過ぎて行った「今」から

やってくる「未来」への準備のための「いただいたもの」

だったのかなあ~と。

 

満足、不満など

欲は少々???ありつつも

しっかり流れを感じられるほど、素直に生きている自分

 

これが幸せなのかもしれません。

 

さあ、いつまでこんなすばらしい環境でいられるのか?

 

次の「未来」がまた、やってきます。

 

徒然なるままに。

 

 

摩天楼飛び越え

遥かな世界へ

呼んでいるのさ

夢より遠い世界

 

www.youtube.com

 

新人としては当時、抜群の歌唱力

今でもすてきな

岩崎宏美さん。

 

個人的にはこの歌には

当てはまっていませんが(笑)(笑)

いや・・・やってくるかも・・・・???w

 

www.youtube.com